独り言

何かに縛られて、心をなくしてませんか。

義理とは、物事の正しい筋道。また、人として守るべき正しい道。道理。すじ。と辞書に書いてあります。

親戚関係を続けていく中で、義理とか、立場とか、順序とか、役割なんかについて、考えが始まる事があります。

義理というものに縛られているような感じがして、鬱陶しいな~と思ってしまうんです。

現在、私の周りでは親戚関係が上手くいっていません。父が亡くなってからトラブルが解決出来なくなり、今では親戚の集まりが気が重くてしょうがないんです。

今の状況をみて父は何を思うだろうか…

私のこの気持ちは…

虚しい、苦しい、重い。。。

義理だと言って押し付けてんじゃないの?

それって、代々続けていかなきゃいけないの?

あー。煩わしい…。

納得行かない事を思い出して腹も立つ。それ違うんじゃないのって言いたい。次々とイライラする事が頭に浮かんでくる。。。言いたい!ぶちまけたい!

でも言った所で何が変わる? 変わるどころか逆効果だよ。

駄目だ~。一時の感情に流されてるよ〜

どうしようもない問題になるとすぐに投げりになってしまう自分、この煩わしさから逃げたいと思う自分の弱さ…

人間関係を、自分の好きに切ったり捨てたり出来るのなら楽なのだろうか…幸せになれるのだろうか。

私の立場が無力なのか。私が無力な人なのか。とにかく私は無力のようだ…

それでも私なりの関係を作るには…

 

答えのない、自分との対話をしてます…

答えは出ないけど、

大好きな人達と上手くやっていきたいと願う心。があるという事に気づきます。

人間関係は、嫌で逃げたくなる時もあるけど、自分の心が願っているものを確認したし、今の自分を認めてあげよう!

イライラした時も、煩わしく思ったときも、私の心の奥にはその願いがある。その気持ちを思い出すんだ自分!と励ました所で、

こんな気持ちの時は、尾崎豊の”僕が僕であるために”がぴったりなので、聞きながらコーヒーでも飲もうと思います。

特にこのフレーズが好き。自分の心とシンクロした歌詞を聞くと涙が溢れてきます。ストレス発散出来てるんだって気持ちになります。泣くっていい事らしいから。

心すれちがう悲しい生き様に
ため息もらしていた
だけど この目に映る この街で僕はずっと
生きてゆかなければ
人を傷つける事に目を伏せるけど
優しさを口にすれば人は皆傷ついてゆく
僕が僕であるために〜〜

 

あなたは、何かに縛られて自分の心をわすれてまんか?