韓国ドラマフレーズ

私の心の中に暴力的で残忍な部分があること。

韓国ドラマ バットガイズ 実は私はこのドラマ、3話で視聴ストップしています。

韓国でも視聴率よかったみたいだし、キャストも渋い感じでいいな。と思って見始めました。

1話みて面白い!! 犯罪者を推理するのも、登場人物達の過去もなにかありそうで、続きが気になるドラマなんです・・・が!

私の苦手な血💦が〜〜。しかも多量

残忍で犯罪の描き方がリアルすぎ💦・・・で。私はひとまず3話で休憩中…….

3話までですが、気になったセリフをいくつかご紹介します。荒々しいドラマですのでセリフももちろん荒々しいです!

「善人を殴れば暴力になるが悪人を殴れば正義になるんだ」

この言葉だけ聞くと疑問に思える人もいるかもしれませんが、犯罪がリアルに表現されてたからこの言葉がグサッときましたね。

日頃ニュースで凶悪な事件を見ているし、自分や自分の大切な人が被害者になったら。と考えてしまうと気分が悪くなってきて、、、

感情移入しすぎなのか、綺麗なものだけ見たいという私の心の中の願望なのか。拒否反応です・・・トホホ

他にもそうだな、とうなずいたセリフを紹介

「洪水になった時は無理に水をかき出そうをせず、泳いだほうが生き残れる確率が高いんだ」

「希望は麻薬だ」

「手に入れるより守る方が難しい」

「生まれる時は両親に、死ぬ時は子供に借りを作る」

こういう犯罪をテーマにしたドラマ、韓国ドラマに多いですが、この手のドラマを見るときにいつも考えてしまいます。

私もこのドラマの中の誰かになっていてもおかしくないのかもしれないな・・・・

自分の中に、暴力的な部分や残忍な部分がある事・・・誰にも言わないけれども私だけは知っているから・・・

私も、何かきっかけで怪物に変貌するかわからない・・・

善人として自分に自信なんて持てない・・・

・・・・と、またグダグダと考えるんです。

私は今は、犯罪者、加害者と言われるような人ではありません。

それは、現状、私も自分をコントロールできいるってことだし、私の周りを見渡すと大切な人が沢山すぎて、もし怪物になりえるきっかけがあったとしても、この人達の顔が浮かぶはず。だから大丈夫!だと自分にエールを送ります。

 

自分の心を深く知ろうとしていくと、自分というものがどれだけ弱いものなのかを知ってしまいます。

自分の醜い所も認めなきゃならなくなります。

そして自分に対して不安を抱いてしまう時があります。

私の場合、不安になると、考えたくないという気持ちになって逃げる。でも逃げたと思ってもどうせすぐに頭によぎります。そして不安が蓄積されていく……

だから私はこの気持ちになった時は、もっと考えることにしています。

考えて考えて、そして、今は○○○だから大丈夫!だと自分にエールが送れるところまで考えることにしています。そうすると、不安は残るけれども、蓄積はしていない気がしています。

こういう風に、考える事に区切りをつけられるようになってから、ほんと心が楽になりました。

あなたは、自分は怪物にならない自信はありますか?

キム・サンジュン演じる刑事がなぜ狂犬と呼ばれるようになったのか、ドラマの冒頭でわかるのですが、切なすぎて痛すぎて。幸せだった頃の笑顔とのギャップがまたこのドラマを面白くしているのだと思います。ほんと素晴らしい役者さんです。
サスペンス好きの方。リアルさ重視の方。悪をやっつけてすっきりしたい方。イケメン好きの方。おすすめです。
気になる事が途中になっててモヤモヤしてますが、もう少しメンタル強くなったら、続きを視聴しようと思っています。( ̄∇ ̄;)ハッハッハ