自分を見つめる時間

辛い出来事程、誰かに話すのは難しい。大切な人の話はどんな話でも聞きたい。

ある出来事の事を、1年以上誰にも話せなかった事があります。それまでは何かあると、報告なり相談の形で旦那か妹には話していました。

うわさ話などは好きではないのでそういものではなく、自分の身に起こった事や家族のことです。それまでは隠し事はほとんどありませんでした。

でもその出来事があってから・・・・

毎日、頭にその時の様子がフラッシュバックしてしまうような出来事があったんです。

毎日・・・怒り、憤り、悲しみ、同情、許せない感情が次々とやってきました。そういう感情を抑えようと考えるんですが、最後は自分を責めてしまうんです。毎日・・・

なんであの時、勇気ある行動が出来なかったの・・・

なんであの時、あんな行動を。自分はなんて卑怯なんだ・・・

あの時、止められなかったとしても、もう少し違う行動が出来ていたら今とは全然違う生活になっていたはずなのに・・・

私は何をやらかしたんだ・・・

・・・それなのに、忘れたかのようにニコニコしている自分が情けない人間の様で。

誰かの前では笑って、一人になっては頭に浮かぶ自分への負の感情で涙が出る。そんな日々でした。

負の感情に支配されている時って、子供の事での心配事や、軽く聞き流してもいいような些細な事まで負の感情に飲み込まれてしまうんです。そして、どうせ私は・・・・ってなっちゃう・・・・

そして、息が上手く吸えなくなってきた・・・

体に不調が出始めると、あ~このままじゃいけないって。一人ではこの苦しさから抜け出せないって思って思いました。たけどそれでも話せない時期は続きました・・・

・・・不思議と話す事が出来なかった。話そうと思うと、体に力が入らなくて切り出せなかった。

なぜ誰にも話せなかったんだろう・・・  今あの時の自分を分析してみると、

  • 感情が爆発して上手く伝える事が出来ないから、言おうと考えるだけで疲れてしまう
  • 自分の心の言葉しか聞けないとういうか・・・そのことを慰めてもらっても素直に聞けそうになかった
  • 自分が言葉に言ってしまうとその出来事が過去の事になってしまう気がして、過去の事にしたらいけない気がしていた
  • 自分が悪かったのに、過去にしてその出来事から逃げてしまう事は、卑怯だと思ってしまっていた

 

結局、1年以上たってから、確か最初は旦那に話したとおもいます。

そのあと、ずっとたってから、二人くらいの人に話しました。

現在も、その出来事について自分の心の中で解決なんて出来ていません。けど誰かに話した事で、考える部屋が移った感じというか、前より少し明るい部屋へ引越しをしたという感覚です。

心はだいぶ軽くなりました。

 

私の子供達。会話はありますが、それが全てではないでしょう。

特に息子は高校生、心の中の事はどれだで話してくれていることやら。

娘もこれから、隠し事も多くなるでしょう。(私もそうでしたから…)

子どもが、私に話してくれる事は何でも、ありがたくてうれしいものです。

子どもが辛くてしょうがない時、私を頼ってくれたらって思います。

だから、強くなりたいと思うんです。子供に頼られる人になりたい。

肝っ玉母さん!が私の理想です!これ本気です!(笑)

 

あなたの辛い気持ち、誰かに話せていますか?