病院ボランティア

喜んでもらえることって、うれしい。自己満ですが。

苔テラリウムを始めて、5カ月程になりました。

毎週、病院へボランティアへ行くときは、苔のお手入れセット一式と、新しく作った苔テラリウムがあれば持って行くのがお決まりになってきました。

病院を後にするとき、来週はこんな物を持って行こう!

次は、こんな物作っていったら、驚いてくれるかな?笑ってもらえるかな?喜んでもらえるかな~?

最近はボランティアの日を基準に、一週間の計画が立てられていきます。

仕事や家事もあるので、私なりに計画を立てないと、苔テラリウムを作る時間や、樹脂粘土での小物作りの時間を確保できなくなります。何かしら新しい物を持って行きたいという気持ちになるのは、患者さんの驚きの顔や、喜んでくれる顔が見たいから。

私は誰かの喜ぶ顔が好きなんだな~

でもそれだけではなくて、私はモノづくりが好きなんです。

自分の作ったものや、自分しか出来ない事によって得た笑顔を見た時の気持ちよさは何とも言えないんですよね。

そして、楽しい事は追及したくなる性格みたいです。

 

誰かが、ボランティアでこういう活動をしている私の様子をみて、偉いですね。なんて言ってくれましたが、

それは違う・・・私は、私欲の為にしているだけの事です。

私欲の為のボランティアをしている自分ですが、気を付けていることがあります。

自分が楽しいから、周りも楽しんでくれているとよく勘違いすることがあるので、押し付けにならないように。

誰もが、私の趣味に興味を持ってくれるわけではないですし、私自身を苦手たと思ってる人も必ずいるはずです。(私もどうしてもこの人合わないと思う人がいますから。)

どんなに相手が喜んでる風に見えても、苔テラリウムや小物を差し上げますよ。というよりも、貰ってもらっているという気持ちで言葉も選びます。

気を付けていても、相手がどう思っているのかは分らないのだからという事を忘れないようにしないと!と、ボランティアに行く前に自分の浮ついた気持ちにブレーキをかけたりもします。

良かれと思ってやっていたことなのに、相手にとっては、有難迷惑だったり、相手との温度差があって伝わらなかったり・・・と今まで何度も失敗してきたから…

父が亡くなってから母が、精神的に情緒不安定な時期が結構長くありました。

持病も持っていて体調も悪く、親戚との人間関係に落ち込み、睡眠薬やお酒の調節が聞かなくなったり、きっと母は当時躁鬱状態だったと思っています。

何とか私が力にならなくちゃ。という思いで、ちょくちょく顔を見に行って、話相手になったり、その当時は母を一番に考えていました。何かしなきゃいけないというよりも、私自身が、母の力になりたくて、じっとしている事が出来なかったのだと思います。

母から電話があればすぐに駆け付け、仕事帰りに顔をみせたり、母の言動がおかしいと思うときも、母の味方になろう。とがんばっていました。

そんな母から、

「私は、どこにも逃げる事が出来ない。誰かがいつも来るんだから」と、怒り、泣いて言われた事があります。

最初は、ここまでしている私になんて事いうの!って。怒りもわいてきました。

でもその時の母は、正常ではなかったし、私が母の考えに対して反対意見を言った後だったから、感情的になり出た言葉だったのかもしれない・・・

でも、この言葉は母の本音だったと思っています。

優しい母ですので、娘が気を使って会いに来てくれている事を有難いと思ってくれている事はわかっています。

だからこそ、一人になりたかった時、自分一人で考えに浸りたい時間が必要だったのに言えなかったのかもしれないと。

私自身、母の力になりたい一心でやってきた事が、母にとっては、迷惑になっていたんだ・・・・って。

不安で自分がじっとしていられないから行動しただけの事だった、相手の為になっている事なんだと思い込んでいるだけで、自己中だったのだと反省です。

それから私が本当に望んでいる事をその時、母が求めている事をじっくりと考えてみる事にしました。

母の話し相手になる事?母を理解してあげる事?母と一緒にいてあげる事?

全てひっくるめて、母の望んでいる事をしてあげるのが一番いいのではと思うようになりました。そしたら、母はそっとしておいてほしいんだって。

そして、見守る事。ただ見守るだけでいいんだって。そう思うようになりました。

不安な事があると、直ぐに行動に出てしまう私にとって、何もしない事、ただ時間が流れるのを待つだけというのは、ちょっと難しいのですが、

この私の、親切の押し売り、良かれと思ってのお節介からくる自己中心的な正義感を、冷静に反省できるようになってから

過去の自分の行動を振り返ってみると、反省ばかりです。

子育てに関してもそう。過保護になってしまう原因ですね。

過去はやり直せないけれど、そんな失敗を繰り返さないように・・・

みんな価値観が違うのだから、自分の価値観で親切の押し売りをしないように・・・

ですね・・・(笑)

相手の心を見ようとしていくと、相手の笑顔がウソかホントかが少しづつわかる気がします。この考えも自己中かもしれませんが・・(笑)

本当の笑顔みたい、心から喜んでもらえているみたいと、感じる事が出来ると、私も嬉しくなります。

?うん?本当の笑顔だってなぜ分るの?って?

そこは、ポジティブにインスピレーションです!!(笑)

そう思ったんだから・・・・やっぱり自己中で、自己満ですね・・・( ´∀` )

 

患者さんが笑顔になってくれた、私の苔テラリウムをいくつか紹介します。よかったら見てくださいね。

これは瓶に、苔を立てに張り付けて、人を座らせてみました。小鳥さんもいます。

トトロは、人気ですね。小鳥さん達は作ってて楽しいです。

樹脂粘土で作った小物たち。トトロ、真っ黒クロスケ、小鳥さんは大量生産します。

また少しづつ、画像をアップしていきたいと思います。

 

あなたにとって、うれしい事ってなんですか?