自分を見つめる時間

子育てに自信をなくしたきっかけ、吃音との今。

子育てをしていると、自分の判断を誰かに指摘されたり、避難されると、これでよかったのかと悩みだす事があります。

そして自分が責められているような気持ちになり自分のした事が不安になってきます。

子育てをしていて自分を責めてしまう事が多くなったのは、子供二人が吃音だったことが大きなきっかけだと思っています。

二人の子供も、2、3歳頃から吃音(どもり)が出始めました。

娘が小学校に上がる頃だったか、誰かに的確なアドバイスが欲しいというより、助けてほしい、絶対娘の吃音を治したい一心で、ネットで色々調べて、ご自身も吃音者で伊藤伸二さんの吃音ホットラインをいう電話番号に電話をしたことがあります。

当時の電話の内容はよく覚えていないのですが、吃音者である伊藤さん自身のお話を聞いたこと、子供の事を聞いてくださった事に、ほっとしたのを覚えています。

それから、いくつか伊藤さんの本を読ませてもらいました。小学校で子供が吃音の事で嫌な思いをしないように、担任の先生へ吃音について知ってもらうべき事を、伊藤さんの本の一部を読んでもらうなどして使わせてもらいました。

吃音について、他にもいくつかの本を読んだりして自分なりに、自分にできる事をやるしかないと一生懸命に考えていた時期が長くあります。

調べていくうちに、子どもが吃音になったのは自分の影響が一番なんだって思うようになりました。子どもを大事にする事、躾をきちんとする事、私が自信をもってやっていた事が、吃音を発症させてしまったのではないか。そして治らない原因ではないか・・・・

全ての吃音者にとって、母親が原因という訳ではありませんよ。原因は母親とは全く関係ないという人もいます。

ただ、私の場合は、当てはまる所が多かったので、私のせいだっていう考えになってました。

旦那は今でこそ、子育てに協力的ですが、以前はほとんど私任せでしたので、私が一日中子供とべったり過ごしてきました。

一生懸命子育てしても、結果、子どもが苦しんでいる。私が頑張る程、子供が苦しむの?って。一人で泣いてました…

旦那に私の不安な気持ちを言った事があるのですが、

「よその家はもっと大変な子供もいるよ。病気ではないんだから。」みたいな事を言われた事があります。

他人事みたいに言われて、あ~この人は私の気持ちなんてわかってくれないんだって思う反面、こういう風に考えれる人が、子ども達を育ててくれたら、この子達は吃音にならなかったかもしれないな・・・・・

私が、この子達を育てない方が子供達が幸せになるんじゃないかって。

そしてどんどん、自分に自信がもてなくなっていった・・・・

 

自信なんてないけど、とにかく一番傍にいる私が何とかしやきゃという思いでいっぱいの子育てでした。

小学校に入ってからは、お友達から「なんでそんなしゃべり方なの?」と笑われる。大きくなるにつれて本人が吃音で悩んでいる顔を見るのは、辛かった。

吃音は、波があるので、すらすらとしゃべる時期があったかと思えば、息を何度も吸ってやっと最初の言葉を発することが出来る、体に力をこめたり、ゆすったりしないと出なかったり。

難発がひどく出るときは、見ているのが苦しくなったり、そんな子供が、可哀そうに思えたり、時にはイライラしたり。

息子が苦しんでいるのに、イライラする自分がひどいともおもいました。

甘やかしてばかりじゃ駄目だと思って、子供にきつく当たる時もありました。

振り返ると、子供達に申し訳ない事も沢山してきたと思います。

今でもよく思い出すのは、息子が小学校1、2年生の頃だったと思うのですが、空手に通っていた時の事です。

必ず道場に入る前に、オス(押忍)!!と大きな声を出さないと道場に入る事が出来ないのですが、オの最初の言葉が出なくて、道場の隅で体をゆすりながら、声を出そうと頑張るんです。

それでも出なくて・・・諦めと、助けを求めてだと思います)私の所に駆け寄ってきたのですが、私は、戻ってって。突き放しました。

戻ってきては、突き返す。その間、周りの人の目も気になるのですが、なぜかその時は、こうしなくちゃいけないんだって思ってやってました。

それを何度か繰り返して、ようやくオス!が言えた!!言えたんです。

あの時は、息子を遠目で見ながら、涙がでてきて困りましたね。

よくやった息子!という気持ちで道場を後にしたのですが

それから時間がたつ程に、何度となくその時の事を思い出しては考えてきました。

吃音で悩む、耐えている子供に対してしてあそこまでする事だったのか

息子がこれから、何度となく経験するだろう周りの人の目線を考えると、乗り越えなきゃいけない事だったのだと自分を正当化したり・・・

吃音者ではない私が、本当に吃音に対して理解できているんだろうか。そんな私の判断でやっている事が、息子の為になっているのか・・・

毎日毎日、同じことをグルグルと考えながら子育てしてきました。こんな私に付き合って大きくなってきてくれた二人の子供達ですが、

現在は・・・

娘の吃音は、中学生の頃に自然と治りました

息子は、まだ吃音があります

息子は吃音を受け入れているようですが、本当の受け入れではない気もします。

「なかなか最近言葉でなくて困る~」とさらっと言ってくれる時もありますが、

彼なりの悩みや苦労は私にもわかりません。

ただ傍でみていて、辛いだろうな・・・と思う事はあります。

それでも、息子なりに人間関係を作り、学校へ楽しそうに行ってくれている。

楽しそうに歌も歌えば、反抗期には私にイライラをぶつけてくれて、毎日ふざけた会話で盛り上がったり、家の中で楽しそうにしてくれている。

現在の私は幸せです。息子も幸せだと思ってくれていたらうれしいですけどね・・・

 

私は今でも、吃音になったのは私の影響があったのだと思ってます。

だから、このままではいけない。私が変わらなきゃって思います。どう変わるのか?どういう母親になりたいのか?自分自身に問いかける日々は続いています。

息子自信はこれから、社会に出ていく時更なる試練があると思います。でも彼自身が乗り越えていかなければならない事・・・なんですよね。

 

私はデ~ンと構えて息子を見守れる母になりたいですね。

愛情はいっぱいで!!

子供の笑顔があればそれでいい!!

自信をもって子育てしてます!なんて言えないけれど、現在の幸せを感じながらこれからも母親業がんばっていきます!

あとは、吃音を理解してくれる人が一人でも増えてほしいと願います。

 

あなたは、自信を無くしている事ってありますか?