病院ボランティア

苔テラリウムの難しさ。そして多肉植物に浮気。

病院ボランティアで毎週、苔テラリウムのお手入れをしていましたが、苔って育てるのが難しいっ!

毎日、霧吹きで水をかけていても、カラカラになっちゃうんです。とお手入れに来られる方もいれば、

水をあげて、湿気がこもり過ぎないように、瓶のふたを開けたり閉めたりしてるんだけど、上手く行かない。といってこられる方もいて。。。。

↑これは、乾燥して茶色くなっている所もあり、残念ですが作り直ししました。

苔テラリウムをお手入れしてます。なんて偉そうな事を言っている私ですが、そもそも初心者💦。試行錯誤しながら、続けてただけなんです・・・💦

「乾燥を好む苔(スナゴケなど)は、蓋を外して、日光に当てた方がいいみたいです。」

「これは湿気を好みますから、直射日光は避けて、湿気を保った方がいいみたいです。」

なんて、ネットで調べたりした情報をもとに、患者さんと一緒にお手入れを続けてはみたものの・・・・そろそろ限界??

テラリウムの中に入れるミニチュアを樹脂粘土で作っているので、そちらにも時間をつかいたい。という私の都合もあり、苔テラリウム自体のお手入れが大変になってきた。というのが本音(失笑)

そして。。。浮気しちゃいました。

多肉植物たちです。

可愛いですよね。種類も沢山あるし。

それになんといっても、お手入れの面では、多肉植物は優れてますよね。

水やりも1週間から2週間に一度。(私は2カ月程やらない時もありますが)

とにかく、水やりに関しては、なんどか忘れたくらいでは動じない強い植物たちです。

私の中では過保護すぎるとかえって駄目な植物だと認識していて、これでもかってくらいに放置。(失笑)

乾燥に強いから、カビの心配もほとんどないし。

苔に比べたら、お手入れは断然楽です。

先日、試しに、うちに増えていた多肉植物で寄せ植えをして持って行ったら、患者さん気に入ってくださったので、プレゼントしてきました。

苔から多肉植物に代わってしまいましたが、ミニチュアさん達を入れてあげると、小さな世界が広がるのは変わりません。

皆さん、好きなジオラマを入れると、ニッコリ笑顔になられます。

これから梅雨になります。運転をしていると側溝に綺麗な苔が緑色に輝いていますが、しばらく多肉植物にはまりそうです。

実は、多肉植物の寄せ植えは初心者なのです。多肉植物はいくつかもっていましたが、きちんと寄せ植えをするのは初めてです。ネットでお勉強をしながらです。

だから、多肉植物はお手入れが簡単だなんていっていますが、苔同様に、何カ月後には、むずかし~なんて言っているかもしれません。(笑)

これから、多肉植物に限らず、植物が盛んに成長する季節になります。

多肉植物も、この時期に容易に増やす事もできます。

ちっちゃな赤ちゃん達も、患者さんにプレゼントしましたが、喜んでもらえました。

これから、すくすくと育ってほしいですね。

苔を丹念にお手入れしてくださっていた患者さんには、多肉植物は手がかからないから、少々物足りないかな?

 

あなたは、苔や、多肉植物に限らず緑色すきですか?

 私は緑が大好きです。ひえぽか